エクオールでガン、しわ、骨粗しょう症予防!世界ふしぎ発見16年03月19日放送

TV情報エクオール, 世界ふしぎ発見, 大豆イソフラボン, 腸内環境

世界ふしぎ発見16年03月19日放送分より。

番組前半のブルガリアの長寿村を訪ね、ヨーグルト効果について探った部分については、「ブルガリアの長寿村の長寿の秘訣とは」をご覧ください。

腸内細菌で作られるエクオールという成分に、がん予防、しわを減らす、骨粗しょう症を防ぐという効果があるそうです。

エクオールが腸内で作れている人は日本人の半分以下で、海外では2割程度。日本は多いほうだそう。
番組では、4~50代の女性に集まってもらい、エクオールが腸内で作れているかを検査しました。結果8人程度のうち2名に、5段階中レベル4というなかなかの良い結果がでました。
この2人の女性の共通点は、大豆製品を多く摂取しているということでした。
大豆、豆腐、納豆、油揚げなどが大豆製品の主な例です。
きなこ、枝豆や、大豆製品以外ではくずも効果的だとか。

エクオールは、大豆製品を食べ続けない限り作り続けることはできません。
大豆イソフラボン→ダイジン→ダイゼインと変化し、そこから腸内細菌の力でエクオールとなります。

日本食は大豆製品を取り入れやすいですから、味噌汁に豆腐と油揚げを入れるとか、納豆を毎日の習慣にするなど、取り入れることはできそうです。

がん、しわ、骨粗しょう症予防なんて、特に女性には気になる情報ですね。

by 世界ふしぎ発見16年03月19日放送分より。

 

Posted by admin3


PAGE TOP