認知症は食い止められる 今でしょ!講座 2017最新研究(2)

雑記認知症予防, 食べ物

認知症予防に期待できる成分が含まれる食べ物は
Aブルーチーズ Bカマンベールチーズ
※アオカビで発酵か白カビかの差がある。

答えはBのカマンベールチーズ!

アミロイドβをやっつける成分が含まれている。
一番有効なのがカマンベールチーズ。
食べる量など詳しことは今後の研究に期待。

昨年発表された認知症予防になるお酒はビール
ビールのホップ(イソα酸)がアミロイドβを掃除してくれる。
中ビン一本くらいがよさそう。

ワインもいい。ポリフェノール。
抗酸化作用が期待できる。

日本で1000人に17年間追跡調査

認知症リスクを下げるために積極的にとったほうがいいのは牛乳。
牛乳、大豆、海藻、野菜が多く、お米控えめのほうがよい。
おかずを多くする食生活が〇。
米が多くなるとおかずが減ってしまう。
米が悪いというわけではなく、おかずをたくさん食べたほうがいいということ。
乳製品は意識しないと日本食ではなかなかとれないので、意識してとろう。

バランスの良い食事を取ることが大事。

絵本の読み聞かせのボランティアの講習を3か月受講したら認知機能アップ。

読み聞かせは読む、話す、コミュニケーションと、様々な脳の部位を活性化させる。
これは認知症予防に効果的。
聞き手にわかりやすくとか、相手を見ながら読むから脳にすごくいい。
デュアルタスク(複数のことを同時に行う)を使う。
脳にとっては複数のことを同時に行うのはいい。

昔のことを思い出して話し合うのはあまり活性化にならない。
海馬に記憶がある最近のことを話すのが〇。
ただし、昔話でコミュニケーションは〇。

●昼寝も認知症のリスクを下げる。

昼寝をすると認知症リスクが5分の1に減る。
ただし短く。
30分くらい。
長く寝すぎると逆。夜の睡眠の質が下がってしまう。

夜の睡眠時間は7時間。

Posted by admin3


PAGE TOP