ガッテン!目の健康を守りますSP 緑内障になりやすい人とは

TV情報, 眼科, 睡眠時無呼吸症候群, 緑内障

緑内障になりやすい人は…
睡眠時無呼吸症候群を患っている人。
なんと4人に1人(27%)が緑内障になるそうです。論文で発表された情報のようです。
普通の人は5%程度(40歳以上)。

睡眠時無呼吸症候群の人で緑内障が発覚した人の眼圧は?

4人は20、19、18、13~14。なんと皆正常。
※眼圧自体は緑内障と関係あるそう。
 ただ、眼圧が正常でも睡眠時無呼吸症候群だと緑内障の危険性が上がる。

眼底の毛細血管をチェックできる機械で調べると、異常が見つかる。
※若松河田眼科クリニック

網膜の血流が低下している!
これが睡眠時無呼吸症候群と関係があるという所以。
無呼吸のせいで栄養、酸素が足りなくなる。

網膜が虚弱状態に。

高血圧
動脈硬化が血流を下げる。

糖尿病
血液中の糖分が血管の壁を傷つける。
血流低下が起きる。

つまり、睡眠時無呼吸症候群、高血圧、糖尿病は緑内障の大きな危険因子。

さらに、偏頭痛も危険。
脳の血管の収縮、拡張が起きやすいので、血管に負担がかかっている。

手を冷やしただけでも眼底の血流は低下する!
血液の量と質の維持が重要。

家族歴、近視も危険因子。

緑内障、白内障は両方持っている人が多い。

OCTという検査機で早い段階で網膜の異常を発見できる。
緑内障だと青く映る。

緑内障の治療は眼圧を下げる点眼薬がたくさんある。
多くの人がこれで眼圧を下げ、進行を抑制できる。

正常値でも、緑内障になってしまっているひとでも、眼圧をさらに
下げることでより長く視野を維持できる。

有酸素運動は、全身の血流を改善させ、さらに眼圧も下げてくれる。

40歳以上で
血圧の異常や、糖尿病、偏頭痛、近視、家族歴、睡眠時無呼吸症候群などがある人はチェックを。
眼圧が眼底でも眼底検査を。

Posted by admin3


PAGE TOP