考えるということ

考える, 考えるということちゃんと, 考える, 論理的

「ちゃんと考えてる?」なんていわれたとき、

考えるなんて当たり前にできると思うかもしれません。

しかし、意外と私たちはしっかりと考えていないものです。

 

たとえば、人生について考えてみてください。

定年までしっかりと勤め上げて…その中で結婚と子育てもして…定年後はゆっくりしようかな…。

確かにそう考えたのだとしたら、そうなのでしょう。

しかし、考えたというより思ったという表現のほうがしっくりきます。

 

「ちゃんと考える」ためにはテーマが広すぎて、考えるポイントがなかなかわからないため、

ぼやっとしたイメージだけを思い浮かべてしまうのですね。

まんじゅうの薄皮部分…輪郭をたどるだけになってしまうのです。

 

いきなり人生について考えてといわれて、ささーっとちゃんと考えられる人も稀でしょう。

きっと、「人生の何について?」、「自分の?人類の?」、「今までの?これからの?」

と、考えるための道しるべを求めるはずです。

 

ちゃんと考えるためには、ちゃんと考えるためのテーマがないとできないものです。

「ちゃんと考えて」と言われたなら、「何について考えることを求められているのか?」を

まず考えてみないと前に進まないのです。

 

Posted by admin3


PAGE TOP