「脳のふしぎ」カテゴリーの一覧

超高齢者の幸せの理由 老人的超越とは

脳と思考, 脳のふしぎ老人的超越, 高齢者

脳を若々しく保つ

90を超える”超高齢”になると、体の自由は聞かなくなるし、目は見えにくくなり、耳も遠くなりと、身体の不自由が増えていきます。
それにもかかわらず、「幸せ」と感じるのはなぜでしょうか。

幸せを感じる「老人的超越」とは

...

記事を読む   超高齢者の幸せの ...

流動性知能と結晶性知能とは

脳知識情報流動性知能, 結晶性知能

脳を若々しく保つ

知能には大きく分けて流動性知能と結晶性知能の2つがあります。最近、脳は衰えないとか、成長を続けるといわれる理由がここにあります。

流動性知能とは

流動性知能は、計算能力とか、脳の処理速度に関わる能力で、20代をピークに下降線 ...

記事を読む   流動性知能と結晶性知能とは

自律神経とは 交感神経と副交感神経

体の知識, 脳のふしぎ自律神経

脳を若々しく保つ

私たちが普段生活をしていううえで、呼吸をしたり、食欲がわいたり、汗をかいたり、快適な睡眠に入れたり、そういった意識外で起こることを引き受けてくれているのが自律神経です。
自律神経の司令塔は脳(視床下部)にあります。 ...

記事を読む   自律神経とは 交 ...

場所法 【本当に覚えられる記憶術】

記憶術場所法, 記憶法

脳を若々しく保つ

場所法とは長い歴史を持つ記憶術で、その歴史は紀元前にまでさかのぼります。場所法を作り出したのはシモニデス(BC556~BC468)で、その後多くの学者などにより受け継がれつつ広まっていき、現在に至るまで効果の高い有名な記憶術として使わ ...

記事を読む   場所法 【本当に ...

宣言記憶(陳述記憶)と非宣言記憶(非陳述記憶)

脳のふしぎプライミング記憶, 手続き記憶, , 記憶, 非宣言記憶, 非陳述記憶

脳情報と脳若返り

記憶には、言葉で説明できる記憶と説明できない記憶があります。

 

「家族とレストランに行ってハンバーグを食べた。とてもおいしかった。」記憶とか、「トマトはジューシーで甘酸っぱい赤い野菜である」といった ...

記事を読む   宣言記憶(陳述記 ...

エピソード記憶と意味記憶

脳のふしぎエピソード記憶, 宣言記憶, 意味記憶

脳情報と脳若返り

記憶の中の、宣言記憶には、エピソード記憶と意味記憶という2種類の記憶があります。
宣言記憶の他に非宣言記憶があります。非宣言記憶については下記リンクをご覧ください。
→非宣言記憶(非陳述記憶)とは
エピソード記 ...

記事を読む   エピソード記憶と意味記憶

年配有利な結晶性知能と若者有利な流動性知能

脳のふしぎ

脳情報と脳若返り

人の知能には2種類があります。
結晶性知能と流動性知能です。
結晶性知能とは

正式には結晶性一般能力と言います。
結晶性知能とは、経験による知能や脳力のことで、当然ながら年を重ねるごとに結晶性知能は ...

記事を読む   年配有利な結晶性 ...

左利きは天才か?

脳のふしぎ右利き, 右脳, 左利き, 左脳

脳情報と脳若返り

左利きの人は天才肌だ、なんていう噂を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
左利きの人は世界で見ても10%もいないといわれており、なかなか珍しい存在と言えます。ちなみにまったく関係ありませんがサイト管理人は普通に右利き ...

記事を読む   左利きは天才か?

たった1つの意識で記憶力がだんだん良くなる方法

脳のふしぎペグ法, 右脳, 場所法, 記憶術

脳情報と脳若返り

「右脳と左脳、記憶力がいいのはどっち?」で、右脳の記憶量の多さについて書きました。右脳の記憶容量は膨大です。しかも高速。

この、優れた右脳の力を借りて、記憶力を少しでも上げられないか、と思いますよね。

実際、世 ...

記事を読む   たった1つの意識 ...

右脳と左脳、記憶力がいいのはどっち?

脳のふしぎ右脳, 左脳, 記憶術

脳情報と脳若返り

自分は左脳人間だから左脳、右脳人間だから右脳?
いえいえ、左脳派右脳派ということは関係なく、記憶力が優れているのは「右脳」です。

左脳は、ゆっくり、少しずつ、1つずつ覚え、記憶容量は多くありません。
一方の ...

記事を読む   右脳と左脳、記憶 ...

PAGE TOP