「認知症予防情報」カテゴリーの一覧

口腔内が酸性だと歯が溶ける!口内の健康を保つ飲み物とは?

脳と体の健康情報, 認知症予防情報認知症, 飲み物, 中性, 歯周病, 歯周病菌, 虫歯, 唾液, 全身病, 酸性

食べ物

歯周病や虫歯は認知症の発症や悪化の原因として知られています。
つまり、口の中を健康に保つことは、脳の健康にも直結するのです。

そして、虫歯や歯周病等、口内環境を悪化させる大きな原因が、「口腔内が酸性に傾いていること ...

記事を読む   口腔内が酸性だと ...

認知症は食い止められる 今でしょ!講座 2017最新研究(2)

認知症予防情報, TV情報認知症予防, 食べ物

テレビ情報

認知症予防に期待できる成分が含まれる食べ物は
Aブルーチーズ Bカマンベールチーズ
※アオカビで発酵か白カビかの差がある。

答えはBのカマンベールチーズ!

アミロイドβをやっつける成分が含まれて ...

記事を読む   認知症は食い止め ...

嗅神経は再生する~アロマは神経細胞を再生する?~

脳若返り情報, 認知症予防情報認知症, 香り, 匂い, アロマ, 嗅神経

香り匂いアロマ

大脳の神経細胞は一度壊れると再生しない、神経細胞は減ることはあっても増えることはないと長年言われてきましたが、最近の研究では海馬と嗅神経は大人になっても増える、再生することがわかっています。

匂いで脳の神経細胞が蘇る

嗅神経 ...

記事を読む   嗅神経は再生する ...

新聞、雑誌、クロスワード、チェスで認知症リスクが3分の2~4分の1に

認知症予防情報, 統計データ認知症予防, 統計, リスク, データ

脳を若々しく保つ

知的活動が認知症発症リスクを下げるという有名な調査結果があります。
アメリカ・ニューヨークのブロンクス地区で行われた75歳以上の高齢者を対象とした5年間の追跡調査によると、日常でよく知的活動をしている人は認知症になる確率が下が ...

記事を読む   新聞、雑誌、クロ ...

ボケ防止とパズルやウォーキングの関係

認知症予防情報認知症予防, ウォーキング, パズル, 脳トレ

脳を若々しく保つ

認知症については、急激にいろいろな研究が進んではいるものの、まだわからないことも多く、根本治療もできません。予防に関しても効果のあるものはわかってきているものの、これをすれば認知症にならない、というものはありません。

さて ...

記事を読む   ボケ防止とパズル ...

バイリンガルは認知症発症が遅い(カナダ・ヨーク大学)

認知症予防情報, 統計データ, バイリンガル, 活性化

脳関連その他データ

カナダのトロントにあるヨーク大学の研究チームの研究で、2か国語話す人はそうでない人と比べて、認知症になる平均年齢が4年遅くなるという結果が出たそうです。(2004年頃)

バイリンガルの脳

ヨーク大学のエレン・ビ ...

記事を読む   バイリンガルは認 ...

認知症の原因物質を脳内に溜めない8つの食べ物

認知症予防情報認知症予防, アミロイドβたんぱく質, アルツハイマー

脳を若々しく保つ

現在、認知症の原因物質の1つであるとされているアミロイドβタンパクは、毎日私たちの脳内で生成されています。(もう1つの原因物質とされているのはタウタンパク)

このアミロイドβタンパクは、脳内で生成されてしまう脳のゴミのよう ...

記事を読む   認知症の原因物質 ...

カナダのトロント大学で行われた認知症に関する実験

認知症予防情報脳トレーニング, 認知症予防, 研究

脳情報認知症予防情報

「認知症の発症リスクを最も下げるものは何か」という大規模な実験が、トロント大学のDr.Raza Naqvi率いる科学者たちによって行われました。

約2万5千人の65歳以上の患者を対象に32件もの実験を行ったという、スケール ...

記事を読む   カナダのトロント ...

認知症を取り巻く環境

認知症予防情報

脳情報認知症予防情報

2013年の厚生労働省の発表では、認知症患者数は全国462万人です。その予備軍とも言われている軽度認知障がい者数は約400万人と推定され、合わせると862万人に上ります。

高齢者自身の体感として、これよりもっと多いはずだ、 ...

記事を読む   認知症を取り巻く環境

PAGE TOP